番組紹介

おかえりなさ〜い

おかえりホームドクター

白内障について

今日のドクター

福井県眼科医会
宮下洋亮先生

病気説明

皆さん一度は白内障という病気の名前を聞いたことがあると思います。人間の目はよくカメラにたとえられ、白内障とは、カメラのレンズに相当する水晶体が、変性して濁ってくる病気です。正常な水晶体は透明で光をよく通しますが、白内障で水晶体が濁ると光がうまく通過できなくなり、乱反射する事で視力が低下していきます。原因のほとんどは加齢によるものです。個人差はありますが、歳を取るにつれて誰にでも起こる、老化現象のひとつと思ってください。

意外と知らない?対処法
白内障は手術で治ります
白内障は日常生活に支障が無い程度であれば、点眼薬で進行を遅らせる治療をおこないますが、視力が回復するほどの効果はありません。車の運転など、日常生活に支障が出ている場合には、手術によって濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを入れる治療が一般的に行われています。手術は局所麻酔でおこなわれますが、痛くありません。手術時間は白内障の程度によって様々ですが、通常は30分程度ですし、決して怖いものではありません。
手術で老眼は治りません
白内障の手術を受けると老眼も治ると思われることがありますが、手術で入れる眼内レンズにはピントを調節する力がありません。調節力低下による、いわゆる老眼は治すことが出来ませんので、手元の細かい文字を見る時には眼鏡が必要です。近年、遠くと近くにピントを合わせる多焦点の眼内レンズが開発され、ある程度老眼の症状を抑えることが出来るようになりましたが、健康保険は適用されません。白内障は放っておくと失明の原因にもなります。見えにくいという自覚症状がある場合には、早めに検査を受けて欲しいと思います。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP