番組紹介

おかえりなさ〜い

おかえりホームドクター

急性アルコール中毒について

今日のドクター

福井大学医学部附属病院 救急部助教
山田直樹先生

病気説明

みなさんご存知だと思いますが、急性アルコール中毒とは、急激にアルコールを飲むことで血中のアルコール濃度が高くなり、ほろ酔い状態を超えて脳が麻痺し、吐き気や意識障害を起こすことを言います。
若い方ほど無茶な飲み方をして、急性アルコール中毒になる方が多いですし、年末年始にはお酒を飲む機会も増えると思いますが、節度ある飲み方をして、急性アルコール中毒にならないように心がけて欲しいと思います。

意外と知らない?対処法
横向きに寝かせましょう
飲み会の席なんかで酔っ払った人を介抱するときに、仰向けに寝かせてしまうという事があると思います。ですが仰向けにしておくと嘔吐物が詰まり窒息死してしまうことがあるので、寝かせるときは横向きに寝かせるようにしてあげてください。
通常であれば、吐いた物が詰まっても反射的に咳をして詰まった物を出す事で窒息には至りません。
しかし、急性アルコール中毒の場合、脳が麻痺する事で、咳による反射が鈍くなり気道を詰めてしまうことがあります。
部屋の隅で寝かせていて『気づいたら亡くなっていた』という事が実際にありますので、介抱して寝かせるときは吐いた物が詰まらないように、横向きに寝かせるようにしてあげてください。
意識が無い場合は救急車を呼んでください
お酒を飲みすぎた時に『水を飲ませる』という事はあると思いますが、急性アルコール中毒は血中のアルコール濃度が高い事が原因なので、水を飲ませるというのは役に立ちませんし、返って嘔吐物が肺に入る誤嚥につながることもあるので気をつけてください。
救急車を呼ぶタイミングというのは、難しいかもしれませんが、ポイントとしては『意識があるか無いか』です。ほっぺたを叩いても反応が無いような場合には、意識レベルが下がっているという事ですから、救急車を呼ぶようにして欲しいと思います。
年末年始はお酒を飲む機会というのも増えると思いますが、急性アルコール中毒に注意して、お酒と上手に付き合うようにして欲しいと思います。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP