番組紹介

おかえりなさ〜い

これまでの放送

後世に伝える!ホネ部の使命とは

“ホネ部”とは、福井市自然史博物館の動物標本製作ボランティアグループのこと。

動物の骨について学ぶ機会を作ろうと、博物館の呼びかけで2004年に設立。高校生から80代まで20人ほどが在籍、はく製や骨格標本の作製の補助を行い、月に2回ほど活動しています。これまで手掛けた動物標本は、ニホンザルやリュウグウノツカイなど500点以上にのぼります。標本にするのは、交通事故にあった動物たち。標本づくりに要する時間は、タヌキの場合で、2~3カ月かかるそうです。

ホネ部がなければ、動物標本はそろわないと、ホネ部担当の学芸員・出口さんは言います。その出口さんはなんと、高校生の時にホネ部に入部。そこで学芸員の仕事に魅力を感じ、学芸員を志すきっかけになったそうです。現在、ホネ部には現役の高校生も在籍しており、出口さんの背中をみて動物を学んでいます。

福井市自然史博物館には、動植物や昆虫もあわせて15万点の標本があり、県内最大級の収蔵規模を誇ります。博物館が骨の実物(動物名、採取場所、採取日)を保管することで、地域に生息する動物の生態系のデータブックとしての役割を果たすといいます。後世に残し、伝えることが博物館の使命。ホネ部の活動が博物館を支えています。

 

 

【ホネ部(動物標本製作ボランティア)】
お問い合わせ/福井市自然史博物館
電話/0776-35-2844
*対象は、高校生以上で

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

過去の放送

2020年11月09日(月)放送
輝け君の汗と涙 ~裏方として支えるインターハイ~
2020年11月06日(金)放送
スポーツの秋にいかが?手ぶらでボルダリング
2020年11月05日(木)放送
<映像散歩 ふくい発見伝>手作り 魚見の新こんにゃく
2020年11月03日(火)放送
鉄道の町・敦賀市で発見 秘蔵!大型鉄道模型
2020年11月02日(月)放送
10年の絆 ~春高バレーの舞台裏~
2020年10月30日(金)放送
余裕のひと時がそこに 池田町 ‐小豆書房‐
2020年10月29日(木)放送
<映像散歩 ふくい発見伝>人と人を結ぶ 1億本のコスモス
2020年10月27日(火)放送
森の恵み 『ガマズミ』 に夢を込めて~美浜町・新庄地区~
2020年10月26日(月)放送
大野の誇り!日本百名山の一つ荒島岳の魅力に迫る
2020年10月23日(金)放送
超人が挑む山岳レース トランスジャパンアルプスレース(TJAR)
2020年10月22日(木)放送
<映像散歩 ふくい発見伝>赤兎山で絶景フルコース
2020年10月20日(火)放送
老舗料理店あのヒトサラ
2020年10月19日(月)放送
エコでかわいいバッグ グレイントート & フードペーパー
2020年10月16日(金)放送
ふるさとに再びにぎわいを ~小浜市・海のオーベルジュ志積~
2020年10月15日(木)放送
福井にもあった!? 天然ポルチーニ
2020年10月13日(火)放送
美山ににぎわいを!カオマンガイ専門店が挑む○○ガイ!
2020年10月12日(月)放送
秋の夜長に癒やしの炎☆福井で発明されたウッドキャンドル
2020年10月09日(金)放送
復活!「奉書ほうしょ紬つむぎ」
2020年10月08日(木)放送
日本アニメ50年の歴史 エイケン展
2020年10月06日(火)放送
福井らしい景観を守る 「越前瓦」工場見学
PAGE TOP