番組紹介

おかえりなさ〜い

うーちゃんの町内遺産

エントリーNO.52 永平寺町松岡志比堺「ちょっと臭う!山のエメラルド」

「越前ぎんなん」河合康ニさん

 

永平寺町松岡志比堺に「ちょっと臭う!山のエメラルド」があるとの情報を聞きつけたうーちゃん。訪ねてみると、それは“ギンナン”であることが判明。栽培農家は、「越前ぎんなん生産組合」代表の河合康二さん。ギンナンは、収穫時期によって、早生(わせ)・中生(なかて)・晩生(おくて)と品種が異なり、9月の終わりから10月中旬にかけて収穫される早生は、食べる実の部分に、熱を加えるとエメラルド色になるんです。
ちなみに河合さん、ギンナンの個人栽培農家としては日本一の規模ともいわれるギンナン畑を所有しています。イチョウの木は、14ヘクタールの山に、約2400本!ギンナン畑は、平坦な場所で栽培されるのが一般的ですが、こちらは杉の林を開墾し、イチョウの木に植え替えたため、全国的にも珍しい山の斜面にイチョウの木が広がっています。河合さんの山は元々、“杉”の山でした。しかし、時代の流れとともに杉の価格が下落。そこで、ご主人が、山を2年かけて開墾し、24年前からギンナン栽培をはじめました。ギンナンの実は、育てて約15年間は収穫がままならず、栽培として軌道にのるまで、実に20年かかったとのこと。現在は、ご家族でギンナン栽培農家として頑張っていらっしゃいます。
強い信念と辛抱に裏打ちされた、山のエメラルドを栽培している河合さん、そしてそのご主人を支える献身的な奥さまに、夫婦の真の宝石をみつけたうーちゃんでした。 

 

<町内遺産情報>
「越前ぎんなん生産組合」
場所:永平寺町松岡室25-2-1
電話:090-4328-0968(代表・河合康二さん)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP