番組紹介

おかえりなさ〜い

うーちゃんの町内遺産

エントリーNO.93 小浜市宮川地区「家を渡り歩く 廻り地蔵」

廻り地蔵

 

集落内の家を渡り歩くお地蔵様がいるらしいとの噂を聞きつけ、やってきたのは小浜市宮川地区。地元の人に聞き込みしてみると、そのお地蔵さまは4、5年に一度、家にやってくるそうで、1週間ほどお世話した後に、次の家へと廻します。
“廻り地蔵”という名前で知られるこの風習。厨子に納められたお地蔵様を集落内の家庭で順番に廻すもので、重さ10キロほどの厨子を家の人が背負って運びます。昔は、主に女性の役目だったそうです。今回、うーちゃんがお邪魔したのは、渡辺さんと由里さんのお宅。70歳を過ぎた渡辺さんの奥さんは、若いころは廻り地蔵を背負って、由里さんの家に届けていたそうです。また由里さんは、しばらく地元を離れていたというUターン組。地元に戻ってみて、あらためて廻り地蔵を大切にする、地元の風習を見直したそうです。
廻り地蔵の起源は、少なくとも江戸時代ごろにさかのぼるとそうですが、詳細は分かっていません。小浜市宮川地区では、現在230戸ほどの家庭でその風習を受け継いでいますが、これだけ長い時を経ても途絶えないのは、信仰心だけでなく、地域のつながりがしっかりと残っているからなのかもしれません。

 

 

<町内遺産情報>
廻り地蔵 小浜市宮川地区

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP