番組紹介

おかえりなさ〜い

うーちゃんの町内遺産

エントリーNO.136 福井市光陽「江戸の民衆文化を復元 モダン絵馬工房」

今回訪れた町内は、うーちゃん2度目の福井市光陽。しかし、ロケ日はあいにくの大雨で、住宅街とはいえ、人通りもなく大苦戦。。。
そんな中、発見したお店、「茶房まちこ」で雨宿りすることに。こころよく迎え入れてくれたのは、女性オーナーの岩崎さん。店内は、お客さんが持ち込んだ動物や韓流スターの絵画が飾られたアットホームな雰囲気。普段は、カウンター越しに岩崎さんとの会話を楽しむ常連さんで賑わうお店ですが、飛び込みのうーちゃんも温かくおもてなししてくれました。
続いて発見したのは、「絵馬洞(えんまどう)」と書かれた謎の電柱広告。看板を頼りに訪れてみると、そこは神社などに奉納する絵馬を制作する工房でした。絵馬師の島村さんは、この道に入って20年弱。もともとは看板広告などを手掛けていたそうですが、絵馬の復元作業に携わるうちにその魅力にとりつかれ、今では県内外から持ち込まれる歴史ある絵馬を蘇らせています。
実は江戸時代後期から、越前の地には、豊かな絵馬文化が根付いていました。福井城下に、「夢楽洞(むらくどう)」と呼ばれる町絵師の工房があり、中でもそこでつくられる絵馬が、越前を中心に加賀や能登地方にかけて大流行していたのです。当時の絵馬は、願い事を書くのではなく、旅の土産や、祭りの記念品として買い求める人が多く、それを各地の神社などに奉納していたそうです。今では、江戸の民衆文化を今に伝える貴重な工芸品となっています。
そんな「夢楽洞」の歴史と作品をリスペクトしながら、その絵馬を蘇らせるために活動していたのが「絵馬洞」。江戸時代と現代をつなぐ絵馬工房として、これからも歴史を刻んだ絵馬に新たな命を吹き込み続けます。

 

 


<町内遺産情報>

★絵馬洞~江戸の町絵師工房の技を復元~
住所:福井市光陽2-9-21
TEL:0776-28-7666

 

★茶房まちこ~憩いの街なか喫茶~
住所:福井市光陽2-18-15
TEL:0776-29-1134

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

過去の放送

2013年02月11日(月)放送
エントリーNO.84 おおい町大島「外見より中身!旬のトロうま“カラス”」
2013年02月05日(火)放送
エントリーNO.83 福井市花堂中「収集歴50年“けん玉”コレクター」
2013年02月04日(月)放送
エントリーNO.82 福井市学園「骨の折れる“畳に描かれた傑作画”」
2013年01月29日(火)放送
エントリーNO.81 福井市学園「県内ビリヤード界の重鎮」
2013年01月28日(月)放送
エントリーNO.80 敦賀市野神地区「スケート場の名物おやっさん」
2013年01月22日(火)放送
エントリーNO.79 福井市「てっぺんを目指す!シニアバスケ」
2013年01月21日(月)放送
エントリーNO.78 坂井市丸岡町御幸「目を皿にする!?ユニーク芸」
2013年01月15日(火)放送
エントリーNO.77 越前市上戸「愛情たっぷり!しいたけマイスター夫婦」
2013年01月14日(月)放送
エントリーNO.76 福井市宝永「髪切りで鍛えた神技!紙の盆栽」
2013年01月08日(火)放送
エントリーNO.75 鯖江市中野町「とことん手作り 会長の千枚漬け」
2013年01月07日(月)放送
エントリーNO.74 高浜町塩土「漁師まちのイカした名産品 徳利いか」
2012年12月24日(月)放送
エントリーNO.73 福井市開発「メンズ募集の奥様ゴスペル」
2012年12月18日(火)放送
エントリーNO.72 高浜町薗部「ザ・高浜の師走 ベテラン主婦のわら細工」
2012年12月10日(月)放送
エントリーNO.71 福井市成和「映画スターに必勝祈願 手書き看板職人」
2012年12月10日(月)放送
エントリーNO.70 福井市中央「“名古屋生まれじゃない”みそかつ」
2012年12月04日(火)放送
エントリーNO.69 鯖江市吉谷町「日常をくすっと笑う 創作紙粘土人形」
2012年12月03日(月)放送
エントリーNO.68 坂井市三国町北本町「心意気はプライスレス。湊町を灯すあんどん」
2012年11月27日(火)放送
エントリーNO.67 越前町西田中「復活!?信長が愛した歴史の舞」
2012年11月26日(月)放送
エントリーNO.66 越前市広瀬町「昭和にタイムスリップ!自宅に広がる鉄道の世界」
2012年11月20日(火)放送
エントリーNO.65 福井市鮎川町「年明け前に初笑い!?ユニーク門松」
PAGE TOP