番組紹介

おかえりなさ〜い

うーちゃんの町内遺産

エントリーNO.3 鯖江市河和田「巨大山車に挑む職人集団」

越前漆器職人(越前漆器協同組合)の皆さん

 

1500年の歴史を誇る越前漆器。その伝統工芸の産地、鯖江市河和田地区ではいま、漆器職人たちが一丸となって、巨大な山車の制作にとりかかっています。越前漆器は、木の加工や、塗り、加飾などの工程に分かれ、産地全体で生産工程の分業が確立されています。
今回、こうした分業の枠を超えて、河和田地区の漆器職人たち、およそ50人が共同作業で高さ4メートル、長さ6メートルの山車を制作中。普段は、一人での作業が多い職人さんたち、協同作業は大丈夫か!?といった不安をよそに、50代~70代までのベテラン職人さんが力をあわせています。初めて越前漆器に触れたうーちゃん、見事な技はもちろん、ベテラン職人たちの見事なチームワークを称え、町内遺産は三ツ星認定となりました。
この山車は、越前漆器職人の技に惚れ込んだ静岡県袋井市堀越上自治会からの依頼で、10月に行われる現地の秋祭りでお披露目されます。

 

 

<町内遺産情報>
鯖江市河和田 うるしの里会館 越前漆器協同組合の皆さん
うーちゃんの町内遺産度★★★

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP