番組紹介

おかえりなさ〜い

うーちゃんの町内遺産

エントリーNO.12 越前市村国「住宅街に現れる謎の電車」

KM鉄道資料館 北橋幸治さん

 

「住宅街の中に謎の電車がある」との情報を聞きつけたうーちゃん、さっそく調査のため越前市村国に訪れました。地区の住民によると、その電車は10年以上前からあり、近所でもちょっとした名物となっているそうです。
その電車を設置したのは、北橋幸治さん。現職の福井鉄道の社員、もともとは鉄道模型の愛好家でした。そんな北橋さん、自費で車両を設置した上に、隣には鉄道関連の資料館や自宅を併設するほどの入れ込みよう。というのも、この車両は昭和8年に製造され、戦災や震災を乗り越え平成9年まで現役として活躍した福井鉄道の車両だったのです。引退後、スクラップになると聞いた北橋さん、貴重な車両だけに、なんとか保存しようと一念発起。クレーン車4台を使って、現在の場所に設置したそうです。しかもその場所は、廃線となった福井鉄道南越線の村国駅跡地。今では、住宅や道路が整備され、すっかり当時の面影は薄れる中、住宅街に残された車両と北橋さんの熱い思いが、時の流れを止めてくれていたのでした。 

 

 

<町内遺産情報>

KM鉄道資料館
住所:越前市村国4-17-3-13

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP