番組紹介

おかえりなさ〜い

かみじょうたけしの全力!スクールキャラバン

高校野球大好き芸人・かみじょうたけしが県内の高校・大学・専門学校の授業や部活、ホームルームに加わり、今どきの青春を体験。

夢や目標に向かって「全力」で頑張る学生たちの姿を「全力」でお伝えします。

1月30日(木)予告

丹南高校(4) アーチェリー部

次回は丹南高校アーチェリー部を紹介します。
将来はオリンピック候補ともいわれる生徒にかみじょうが挑戦状を突き付ける!

お楽しみに!

北陸高校

北陸高校(5)
女子柔道部&女子ソフトボール部 (8月22日放送)

スクールキャラバン北陸高校編の第5回は女子柔道部と女子ソフトボール部を取材しました。

女子柔道部は、今年16年ぶりにインターハイに出場しました。その原動力になった川上智加選手(3年)が登場。全国選抜ベスト8になった選手です。得意技は大外刈。コーチが「力任せではなく投げるポイントをわかっていてキレイ」と絶賛するほどです。その技をかみじょうさんが体験。あまりのキレと破壊力に「一瞬息が止まった」。と驚いていました。練習では男性コーチ相手に一歩も引かない組手を行っている川上選手。今後に期待です。

女子ソフトボール部は国体準優勝の実績がある古豪です。ノックでは集中力を切らさないように大きな声を出しながら矢継ぎ早にボールが飛んできます。そんな名物ノックをかみじょうさんが体験しました。
次々と放たれるボールにかみじょうさん大苦戦。でしたが最後はスーパーキャッチ。持ち前の運動神経を発揮していました。

 


北陸高校(4)
熱戦!女子ソフトテニス部 (8月15日放送)

 

スクールキャラバン北陸高校編の第4回は女子ソフトテニス部を取材しました。

北陸高校の女子ソフトテニス部は3年連続で団体戦県優勝を果たし、インターハイに出場している強豪です。
実は中学、高校とソフトテニス部に所属し、秋の県大会で優勝したこともあるかみじょうさん。
今年の県大会個人戦で優勝した松田美涼さん(3年)・酒井海音さん(1年)ペアと対戦しました。

20年ぶりのソフトテニスだというかみじょうさん。実力をいかんなく発揮!といきたいところでしたが、 松田・酒井ペアの放つカットサーブ(こするように回転をかけ、相手の手前で曲がるサーブ)に終始翻弄されっぱなし。
ペアを組んでくれた八木里菜さん(3年)の奮闘もあり、なんとか得点を挙げるも、完敗してしまいました。

スピードのないサーブだけに、失敗すると相手にチャンスを与えかねないカットサーブ。
それを確実に決める松田・酒井ペアにかみじょうさんも感心していました。

 


北陸高校(3)
世界が認めた!三味線奏者 (8月8日放送)

スクールキャラバン北陸高校編の第3回は世界大会で優勝した三味線奏者がスタジオで生演奏してくれました。

北陸高校2年生の佐藤領哉くんは今年行われた津軽三味線の世界大会個人B級の部で優勝した三味線奏者です。おじいさんとお父さんも三味線奏者。実家は津軽三味線の教室もやっているということで、小さいころから三味線に親しんできた佐藤くん。その演奏は「体の線が細いのに馬力があって音に迫力がある」とお父さんが評するほど。
スタジオにも来てもらい、よく演奏しているという「津軽じょんがら節」を生披露。その演奏にスタジオも大いに沸きました。

 


北陸高校(2)
約130人が奏でる美しい爆音!吹奏楽部(8月1日放送)

スクールキャラバン北陸高校編の第2回は吹奏楽部を取材しました。 吹奏楽部の部員はなんと128人。これは北陸の高校で最多だと言います。取材ではかみじょうさんが大好きな高校野球にちなんで、人気の応援歌メドレーを披露してもらいました。まずは元千葉ロッテマリーンズ・西岡剛選手の応援歌「スピードスター」でかみじょうさんをお迎え。その美しく迫力のある演奏に「日本一のスピードスターを聞いた」とかみじょうさん。次に披露してもらったのは近年応援歌として人気の「戦闘開始」。原曲は湘南乃風の「SHOW TIME」という曲。今年春のセンバツ甲子園で優勝した愛知県の東邦高校の応援歌として有名になりました。最後は応援の定番曲「アフリカン・シンフォニー」。顧問の明石先生の提案でかみじょうさんが指揮をふるって演奏。吹奏楽部が奏でる”美爆音”にかみじょうさん酔いしれていました。

 

7月27日に行われた全国吹奏楽コンクール福井県予選で金賞を獲得し、県代表として8月11日に金沢で開かれる北陸大会の切符を手に入れた吹奏楽部。北陸大会で金賞を受賞し、代表に選ばれれば悲願の全国大会に出場できます。夏の暑さを乗り越え、夢をつかむことを期待しています!

 


北陸高校(1)
短時間集中の練習スタイル!フットサル部(7月25日放送)

スクールキャラバン北陸高校編の第1回はフットサル部を取材しました。
難関大学の合格を目指すスーパー特進、特進コースの生徒が多く所属。午後5時半まで授業があるため、放課後に練習することができません。練習は朝と昼休みの1時間足らず。そんな中でもメニューを絞って集中的に練習を行うことで、今年の北信越大会で3位になりました。

取材の日は3年生対2年生のミニゲームが行われました。負けたチームは罰ゲームのシャトルランをしなければいけません。しかし試合は1-1の同点で終了。すると監督がかみじょうさんに「PKやりますか」と提案。急きょ3年生チームにかみじょうさんが加わり、3対3のPK戦をすることに。3年生のGK名倉大稀キャプテンのスーパーセーブもあり、2年生が3人蹴り終えた時点で1-1。最後のかみじょうさんがゴールを決めれば3年生チームの勝利になります。練習ではさっぱりだったかみじょうさん。しかし!本番では見事相手の裏をかくシュートで見事ゴール!3年生を勝利に導きました。

 

引退する3年生はこれから辛い受験勉強が始まります。名倉キャプテンは「勉強を頑張って第一志望の大学に合格し、大学でもフットサルを続けたい」と意気込んでいました。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

過去の放送

2020年01月23日(木)放送
丹南高校(3)「なぎなた部」
2019年12月19日(木)放送
若狭東高校(4) 「測量日本一&幻のコウギク茶」
2019年11月21日(木)放送
福井工業大学附属福井高校(5)「空手道部&女子硬式野球部」
2019年10月17日(木)放送
仁愛女子高校
2019年09月19日(木)放送
福井農林高校
2019年08月22日(木)放送
北陸高校
2019年07月18日(木)放送
未公開集(2)「啓新高校&福井商業高校」
2019年07月11日(木)放送
未公開集(1)「科学技術高校&福井高専」
2019年07月04日(木)放送
福井商業高校
2019年06月13日(木)放送
啓新高校
2019年05月16日(木)放送
福井工業高等専門学校
2019年04月25日(木)放送
科学技術高校
  • 1
PAGE TOP