アナウンサー

矢口史靖監督、来福☆

2014年05月01日

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」と、大いに笑えて心がハッピーになる作品を数多く生み出している矢口史靖監督。私も大好きな監督の一人ですが、今回新作が完成したということで、インタビューさせて頂きました!

その名も「WOOD JOB!神去なあなあ日常」☆
「ウッジョブ!かむさりなあなあにちじょう」と読みます。
GOOD JOB(グッジョブ)とWOOD(木)のJOB(仕事)をかけているんです。上手いなぁ!
そのタイトル通り”林業”のお話で、大自然を相手にした過酷でワイルドな世界を存分に楽しめます。
矢口作品は全部観ていますが、今回はいつもとちょっと様子が違う…。
いつもだと最初からずっと笑うポイントが続くんですが、今回はメリハリが凄い!
笑いよりも、大木に命がけで挑む男たちのワイルドさが際立ち、とにかく驚きの連続。そしてクライマックスに向け大爆笑がやってきて、その後いつのまにか感動…。心がぐっと動かされました。面白かった~!!!

 矢口監督によると、とことん実写にこだわったそう。
役者さん達自ら30メートル近くある高い木に登り、その上で撮影。林業のエース役ということもあり、伊藤英明さんなんて細い木の枝に片手離しで立っています。後ろの背景が遠くまで抜けていて気持ちよさそうなんですが、いくらなんでも高すぎる…。でもそのおかげで、山のダイナミックさがダイレクトに伝わってきます。
木を倒すシーンも実際に切ったんだとか!高さ30メートル以上の木が切り倒されるシーンは圧巻です!
ドーンと心臓を撃たれる感じ。迫力満天!!

 キャラクターもとっても魅力的なんです☆
今までのそれぞれの役者さんのイメージとま逆のキャラクターを、若手実力派俳優達が熱演!
監督曰く、今回のキャラクターがまさにそれぞれの役者さんの素の姿そのものなんだとか。意外~。
とにかくどのキャラクターも強烈です(笑)

 矢口監督のインタビューの様子は、9日(金)深夜1:05~の「シネマニアプラス」で!
(再放送は10日(土)午後5時15分~!!)
福井市のテアトルサンクからお送りします♪

月別 アーカイブ
リンク