TOP バイオディーゼル燃料 廃油回収方法 ネットワーク概要 サイトポリシー

BDFとは(Bio Diesel Fuel バイオ ディ−ゼル フュ−エル)の略で、廃食用油や菜種など植物油からできる燃料です。
化石燃料から作られる軽油の代わりとなり、自動車や農機・重機などのディーゼル車に利用されます。



■BDF利用のメリット
二酸化炭素(CO2)排出量がゼロ
 

BDFは、大気中の二酸化炭素を吸収した植物からつくるため、燃焼によってCO2を排出しても、全体でみるともともと大気中に存在した以上の二酸化炭素を増やさないカーボンニュートラル燃料です。
廃食油の再生利用することで地球温暖化防止、CO2二酸化炭素の削減に貢献できます。

排気ガス中の有害物質を削減 地球環境に優しいクリーンなエネルギー
 

従来の軽油と比較して、ぜんそくやアトピーなどの原因と言われる硫黄酸化物の排出はほぼゼロ。
大気汚染の原因となる黒煙は軽油の3分の1と非常に少ない環境にやさしい資源循環型燃料です。

化石燃料節約
 

いずれ枯渇してしまう化石燃料に対して、地球の自然の中で繰り返し再生可能なエネルギーです。

下水処理負担軽減で社会貢献
   
一般のディーゼルエンジンに使用可能
 

ディーゼル車に使用することが可能です。特別な仕様変更をする必要はありません。

軽油引取税は課税対象外
 

バイオディーゼル燃料100%使用であれば、軽油引取税は課税対象外となります。
※混合した場合、燃料炭化水素油として扱われ、軽油引取税の課税対象になります。


BDFには、デメリットもあります!
品質が劣化しやすい
 

熱の影響や空気と触れることによりにより酸や固まりを発生させることがあり、 バイオディーゼル燃料は品質が劣化しやすい性質を持っています。

運行前の点検や定期的なメンテナンスが必要
 

バイオディーゼル燃料に不純物が含まれていると、燃料フィルターが詰まりやすくなります。 また、BDFは水と結びつきやすい性質を持っているため、結露等の発生により燃料フィルターの 目詰まりがまれに生じる可能性があります。運行前点検、定期的な水抜き・交換が必要です。 さらに、バイオディーゼル燃料は天然ゴムを浸透・膨張させるため、燃料ホースを耐性の強い部品に変えたり定期的に チェックする必要があります。

バイオディーゼル燃料の固形化
 

バイオディーゼル燃料の性質として、気温が0℃以下になると、 燃料中にロウ分(固形脂)が発生する可能性があります。そのまま使用しますと燃料フィルターを詰まらせてしまう原因 となります。冬場使用の際には、燃料フィルターの水抜き・定期点検などがより必要になります。

給油できる場所が少ない
   
メーカー保証を受けられなくなる場合がある
 

バイオディーゼル燃料を利用するとメーカー保証を受けられなくなる場合があるため、メーカーにご確認が必要です。



植物油はそのままだと粘度が大きいことと引火点が高いことによりディーゼル燃料としては使えません。そこでメタノールを加え、アルカリ触媒によりメチルエステル化させて粘度を小さくし、引火点を低くし、軽油に近い性状のバイオディーゼル燃料とします。
なお、精製の際には副産物としてグリセリンができます。
※BDF精製は、コミュニティネットワークふくい南中事業所で8月1日〜12月31日に実施。

BDF燃料をご使用になりたい方
<まずはお問い合わせ下さい>
ウォームシェア