会社案内

福井テレビ放送番組基準

福井テレビジョン放送株式会社は、放送の社会的使命を深く認識し、民間放送の特色を生かした豊富多彩な放送番組を編成実施することによって、放送圏域の産業経済の繁栄、文化の向上発展に寄与し、もって健全な民主主義の発達と公共の福祉に貢献することを目的とする。
 福井テレビジョン放送株式会社は、電波が国民のものであるという原則にもとづき、世論を尊び公正な立場を堅持し、自律を確保することによって、表現の自由と公正をまもり、広告・宣伝の社会的効用を高め、国民の期待と信頼にこたえるものとする。
 このため、福井テレビは、その放送番組の編成にあたっては、関係諸法令および日本民間放送連盟放送基準にのっとり、次の基準に準拠して、実施するものとする。

平成28年3月1日改正

1.広く内外の放送事業者および関係者と緊密な連携を保ち、放送内容の充実につとめる。

2.福井テレビ放送番組審議会の意見を尊重し、放送番組の適正をはかる。

3.政治、経済、その他社会上の諸問題に対しては公正な立場を守り、意見の対立している問題についてはできるだけ多くの角度から論点を明らかにする。

4.公の秩序ならびに良俗に反するような放送は行わない。

5.放送番組は、教育、教養、報道、娯楽、その他 (通信販売・その他) に、分類編成するが、すべての番組をそれぞれの性格に応じて、放送圏域の視聴対象および生活時間を考慮し配列するものとし、各番組の交互の調和と適正を保つよう務める。
なお教育番組と教養番組の合計が、全放送時間の、30%以上となるよう編成する。

6.教育番組は、健全な国民としての知識、技能などの資質を培うのに、直接役立たせようとする積極的な意図のもとに編成する。

7.教養番組は、文芸、社会、経済、科学など国民生活のあらゆる領域において広く一般国民の知識をひろめ、情操を培い、倫理性を高め、文化的生活の向上に役立たせようとする積極的意図のもとに編成する。

8.報道番組は、市民の知る権利への奉仕を第一に、すべての干渉を排し、事実を客観的かつ正確、公平に扱うとともに、プライバシーや自由を不当に侵したり、名誉を傷つけたりしないように注意する。また、一般にわかり易い表現を用い、事実と事実以外の推定あるいは意見は明確に区別し、視聴者に誤解を与えることのないように努める。

9.娯楽番組は、音楽、ドラマ、映画、ショー、舞台中継、演芸番組等を調和よく編成し、視聴者に健全な楽しみを提供するよう努め常に社会の秩序、道徳良俗に反することのないように、作品の品位および表現方法について、じゅうぶん考慮する。

10.児童および青少年向けの番組は、児童および青少年の健全な常識と豊かな情操を養うことに努め、心理的に悪い影響を及ぼすおそれのあるものは、取り扱わない。

11.性的犯罪や変態性欲・性的倒錯を表現する場合は、過度に刺激的であってはならない。また、性的少数者を取り上げる場合は、その人権に十分配慮する。

12.視聴者が参加する番組の機会は均等をはかり、審査の公平を期し、報酬または賞品によって、過度の射幸心を刺激しないように注意する。

13.懸賞募集については、条件を明確にし、公平に取り扱う。また、応募などで得た視聴者の個人情報については、厳重に管理し、当該目的以外には利用しない。

14.広告放送は、視聴者の経済生活と産業経済の発展に資するものであって、放送番組の内容とよく調和し、真実を伝え、関係諸法令および広告の時間基準を誠実に守り、視聴者に対して責任を負いうるものとする。特に医療・薬品・健康食品など健康情報に関しては、注意をする。

15.訂正および取り消しの放送は、事実の確認にもとづいて行う。

16.放送番組をネットするに当っては、マイクロ回線の制約を受けるが、特定の放送事業者のみから、番組の提供を受けることにならないようにする。

17.ニュース番組、スポーツ番組、特別行事番組、案内コマーシャル、等の取り扱いについては別に定めるところによるものとする。

18.この基準に定めるもののほか、個々の番組に関する細目については、日本民間放送連盟放送基準(平成28年3月1日施行)によるものとする。

昭和44年8月1日制定
昭和45年1月22日改正
昭和50年1月16日改正
昭和50年11月20日改正
昭和58年9月21日改正
昭和60年2月21日改正
昭和60年11月21日改正
昭和61年3月19日改正
平成5年2月18日改正((124)を改正)
平成5年4月1日改正
平成10年4月15日改正((17)を改正)
平成11年4月1日改正((17)補記を削除)
平成15年4月1日改正
平成16年4月1日改正
平成26年11月1日改正
平成28年3月1日改正

PAGE TOP