番組紹介

エ・ク・ボ通信

勝原の花桃
2021年05月09日(日)放送

春の花に代表されるサクラ。

それとほぼ同じ時期に最盛期を迎えるのは、ハナモモです。

 

ハナモモは、花を観賞するために改良されたモモの花。

あでやかなピンクや白の花が彩ります。

古くから親しまれ、桃の節句、ひな祭りの花としてもよく知られています。

 

 

 

 

奥越の山間部に、約150本ものハナモモが咲く名所があります。

 

大野市西勝原の勝原花桃公園です。

 

地元の人たちが、約40年にわたり公園の整備や花々の手入れをしてきました。

 

 

 

 

 

現在、公園整備の中心となっているは、近くに住む林沙代子さん。

 

あわら市出身で、約50年前に結婚を機に西勝原に移り住みました。

 

集落を囲む山々の美しさにほれ込み、

「自分の生きる場所はここだと思った」と言います。

 

 

最初にハナモモを植え始めたのは、近くに住む林しのぶさん。

約40年前に「ここをハナモモの里にする」と

元は殺風景だった線路脇に植え始めました。

 

その様子を見ていた林沙代子さん。

最初はハナモモに興味がなかったそう。

しかし、年齢を重ねるに連れ、

「町へ出て遊ぶよりも、家の近くで花を植えて遊ぶ方がいい」と、

13年前から公園の手入れを手伝い、徐々にハナモモの数を増やしてきました。

 

 

仕事の合間、毎日わずかな時間でも作業を続けてきた林沙代子さん。

 

5年程かけてススキなどで覆われていた地面を掘り起こして整地し、

「1年中花が咲いていた方が楽しい」とチューリップやアネモネ、

シバザクラなど、様々な花を植えていきました。

 

 

 

 

 

「自分の楽しみで続けてきた」と話す林沙代子さんですが、

県や市もハナモモを植えるイベントをしたり、カメラマンや花屋が種や球根をくれたりと、

多くの人の想いが集まって、色鮮やかに染まる公園になりました。

 

 

「高齢者も若者も、みんなが楽しめる場所になったらいい」と話す

林沙代子さん。

今後も公園に花を植え続けます。

 

 

 

 

■勝原花桃公園(五箇公民館)

住所   | 大野市西勝原13-1-5

問合先  | 0779-65-6805

 

※ハナモモの見頃は4月中旬から下旬

※周辺に駐車場はありません。

    道路沿いは駐車禁止です。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

過去の放送

2024年04月14日放送
Farmers Hostel
2024年04月07日放送
代々受け継がれる家具を
2024年03月24日放送
裃(かみしも)工房
2024年03月17日放送
大野で謎解きイベント
2024年03月10日放送
わおん書房
PAGE TOP