番組紹介

エ・ク・ボ通信

coming soon...

coming soon...

前回の放送

若狭かき

2020年01月26日(日)放送

若狭を代表する河川「北川」「南川」が注ぐ小浜湾。その中において、阿納尻、甲ケ崎地区が面する海域は、特に波の静か海です。内外海半島に沿うように、若狭を代表する冬の味覚を育む筏が浮かんでいます。

 

若狭かきです。

 

現在、小浜湾に面する甲ケ崎、仏谷の海域では、15軒の生産者が若狭かきを養殖しています。
   
小浜湾で、牡蛎の養殖がはじまったは、昭和5年。90年前のことです。稚貝を着けたホタテ貝を数珠つなぎにして、海の中に吊るして育て、ちょうど今の時期に、水揚げします。

 

生産者の一人、小浜市阿納尻の藤田弘文さんは、
「養殖といっても、海に漬けているだけで、特に何もしていない。小浜の海が、牡蛎を育ててくれている。」
のだといいます。

また、藤田さんは、小浜湾は、牡蛎を養殖する上で、好条件がそろっているともいいます。

 

その一つが、波が静かな海であること。牡蛎は、海中のプランクトンを食べて育ちますが、養殖筏が波で揺らされることが少なく、牡蛎が安心してエサを食べることができるのだそうです。

 

二つ目は、小浜湾に北川と南川が注いでいること。腐葉土などが山から流れ込み、山のミネラルが豊富でエサのプランクトンが育ちやすいのです。

 

そして三つ目は、夏と冬の水温差。夏のあたたかな海が貝を大きくし、冬の冷たい海が身を太らせるのです。

若狭かきは、ほとんどが殻付きで出荷されるため、水揚した牡蛎の貝は、きれいに洗浄し、選別していきます。

 

 

小さな頃より牡蛎の養殖に携わってきた藤田さんは、仕事の合間に牡蛎を焼いて食べていたそうです。
「何もつけずに食べる焼き牡蛎は、海の味が口の中に広がるので、一番おすすめの食べ方」と教えてくれました。

 

全国各地で養殖されている牡蛎ですが、育った環境によってその味は違います。

藤田さんは、多くの人に若狭かきを味わってほしいと話しています。

過去の放送

2020年01月26日放送
若狭かき
2020年01月19日放送
クラゲバー
2020年01月12日放送
ちぎって貼って、重ねてアート
2020年01月05日放送
恐竜戯画
2019年12月22日放送
若狭かれい
PAGE TOP