番組紹介

エ・ク・ボ通信

11月24日(日) 午後1時55分~ 放送

『 なみまちカフェ  』

 

休校になった小学校を改修し、地域住民が中心となって運営しているカフェを紹介。

その土地ならではの食材を使った料理も登場します。

前回の放送

新田ごぼう

2019年11月17日(日)放送

100年以上前から小浜市で作られている名産品、

その名は、新田ごぼう。

 

小浜市口名田地区に住む富田実さんは、およそ10年前から新田ごぼうを栽培している。

 

11月、収穫の時期を迎えた新田ごぼうを富田さんは、建設機械を使って掘り出している。

 

富田さん曰く、「父の跡を継いだばかりのころ、スコップで収穫していたが、体力的につらく、建設機械を手に入れ、畝の間を掘り起こすことにした。広い畑を人力で掘っていた昔の人はスゴイ。」

 

 

 

新田ごぼうを盛んに栽培していたのは、小浜市口名田地区の中でも、

南川右岸の新滝、須縄(すのう)、口田縄(くちたの)の3地区。その地形に理由がありました。

 

ゴボウは、地中の水を求めて延びる作物。

3地区の辺りは、周囲より少し小高く地下水位が深くなっていて、ゴボウがどんどん伸びることができ、また、石がない土の層が厚く堆積しているため、形の良いゴボウを育てるのに適しているのだという。

 

3地区の辺りは、瓦や煉瓦の産地でもあり、きめ細やかな粘土質の土壌が広がる。

この土の「テロワール(生育環境)」が新田ごぼう独特の香りや味の要因にもなっているのだという。

 

過去の放送

2019年11月17日放送
新田ごぼう
2019年11月10日放送
敦賀真鯛
PAGE TOP