番組紹介

エ・ク・ボ通信

二つの伝統工芸に出会う場所「柄と繪」
2022年11月13日(日)放送

 

越前市池ノ上町にある「柄と繪」は、二つの伝統工芸に出会える場所。   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運営しているのは山本卓哉さん、由麻さん夫妻です。

卓哉さんは、越前打刃物の包丁の柄を作る職人で、

由麻さんは、越前漆器の蒔絵師。

 

 

 

包丁の柄に蒔絵をほどこしたものが二人の作品です。

 

 

 

 

 

卓哉さんは、和包丁の柄を製造する山謙木工所の4代目です。

継いだ時に先代から「何をやってもいい」と言われていたそうで、何にチャレンジしようかと思案中に、由麻さんと出会い結婚。

これをきっかけに、包丁の柄に漆を使って描く商品作りを始めました。

 

 

 

由麻さんが大事にしていることは「包丁は日用品」ということ。

日常で使えるような華やかでポップな絵を提案し、若い人や女性向けの商品にもチャレンジしています。

 

 

 

 

 

「従来の商品作りやお客様との付き合いを土台に、チャレンジの部分を私が担って、夫婦で頑張りたい」と話します。

世界中で「越前打刃物といえば福井県の越前だ」と知ってもらえるような、世界レベルの包丁として盛り上がっていくことが二人の夢です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柄と繪

住所:福井県越前市池ノ上町46-1-10

TEL:090-5686-1658

営業時間:火・木 午後1時~午後5時 

土曜日 午後1時~午後4時 

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

過去の放送

2024年04月14日放送
Farmers Hostel
2024年04月07日放送
代々受け継がれる家具を
2024年03月24日放送
裃(かみしも)工房
2024年03月17日放送
大野で謎解きイベント
2024年03月10日放送
わおん書房
PAGE TOP