番組紹介

エ・ク・ボ通信

永平寺町伝統のお漬物
2022年12月18日(日)放送

永平寺町山王にある「永平寺の里 野彩工房」は、手作りのこうじを使った漬物を主に作っています。

 

 

 

 

代表の橋本清子さんは、昔からこうじやみそ作りが趣味で

「こうじで野菜に彩りを与えたい」という思いがきっかけで

野彩工房を始めました。

永平寺町産のコシヒカリでこうじを作るなど、

できるだけ地元の農作物を使うことがこだわり。

そんな橋本さんが作る漬物は、地域の伝承料理です。

 

 

かつて、自宅で冠婚葬祭がとり行われていた際は、地域の人が手伝いに集まりました。

その時、先輩たちから漬物の漬け具合などノウハウを教えてもらい、代々、郷土の味を守ってきました。

しかし、今ではその風習も薄れてしまったとのことで、橋本さんは「何とか伝承していきたい」と言います。

 

 

 

 

野彩工房の冬の人気商品といえば「大根のこうじニシン漬け」。

永平寺町産の大根と北海道産のニシン、

そして自家製こうじから作った甘酒を使います。

こうじを甘酒にして使う方が、

より滑らかになり、甘味も出ておいしく仕上がるそうです。

 

 

 

 

 

ニシンの臭みを消しつつ、まろやかで素材の味を存分に感じさせる

ニシン漬け。

 

 

 

 

 

橋本さんは

「喜んで食べてもらうことが何よりの活力。

今後は伝承料理だけでなく、 永平寺町の特産物を使って、

新しい漬物作りにチャレンジすることが目標」

と意気込んでいます。

 

 

 

 

永平寺の里 野彩工房

福井県吉田郡永平寺町山王17-31

TEL: 0776-64-2082

 

野彩工房の漬物は道の駅「禅の里」などで販売中

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

過去の放送

2024年04月14日放送
Farmers Hostel
2024年04月07日放送
代々受け継がれる家具を
2024年03月24日放送
裃(かみしも)工房
2024年03月17日放送
大野で謎解きイベント
2024年03月10日放送
わおん書房
PAGE TOP