番組紹介

日本全国 福むすび

「究極の親子丼」パート(4)~福地鶏の卵とお肉をゲットしよう

2019年05月31日(金)放送

「究極の親子丼」パート(4)~福地鶏の卵とお肉をゲットしよう

福井のイイものとイイものをコラボした「究極の親子丼」作りの第四弾。

 

究極の親子丼、いよいよ食材集め。今回は桑原隊長が2017年に福井で誕生した
卵もお肉も美味しい地鶏「福地鶏」のおいしさを調査。
まず向かったのは家族3代で養鶏を営む黒川さん一家の元。

 

黒川さんのお手伝いをして卵をゲットすることに…
まずは、卵採りのお手伝い!
平飼いの福地鶏は決まった場所に産まず、好きな場所で卵を産みます。
鶏舎の地面を見ながら卵を探す隊長、鶏舎の隅に沢山の卵を発見しました。
黒川さんのところでは、毎日800個の卵を出荷しているんです。

 

続いては卵を出荷するために丁寧に1つずつ洗う洗卵のお手伝い。
汚れを落とし、キレイになった卵に感動する隊長でした。
こうして皆さんの食卓へと届けられるんです。

 

ここで、福地鶏の卵と他の卵を見比べてみると、白身が盛り上がって弾力があることを発見!さらに黄身の色が濃い!
その理由の1つに、何やら特別なおやつをあげているらしいということで、隊長もそのおやつをあげるお手伝い!
それは近くの農家さんから頂いたニンジンを細かくして酢漬けにしたもの!
これが福地鶏は大好物なんです。

「手であげたら?」と黒川さんの提案に驚きながらもふれあいながらおやつをあげ、福地鶏に愛着を感じた隊長でした。
卵を黒川さんからゲットし、次に向かったのは福井市田原町商店街。

 

やってきたのは80年続くすずき鶏肉専門店。
鶏肉の卸業を中心に、店舗の2階では鶏料理も頂けるんです。
県内すべての福地鶏を取り扱っているという鈴木さんにお肉のおいしさを伺うと、うま味成分である「イノシン酸」が他の鶏よりも高いという情報をゲット。
隊長も初めて福地鶏のお肉を頂きました。ひね鶏と若鶏の中間のような食感。

 

おいしさに感動した隊長、街の人にも食べてもらうことに…
初めて食べた方からも大好評で、鈴木さんも笑顔に!
そんな鈴木さんから福地鶏のお肉をゲットし、次回はいよいよ究極の親子丼完成なるか?!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP