番組紹介

タイムリーふくい

掲示板投稿フォームへ

アフターコロナから見えること。

投稿者:福井県民  
投稿日:2020/06/30 08:51

前回のタイムリー福井を視聴していると幾度とアフターコロナの
お言葉が発信されていたのが特に印象的でした。

第一波を経験し、その後の社会生活、経済活動を変えて行く上
で、新しい概念であり、今後の指針になりますから、貴社が発信
される根拠は十分すぎるほど理解ができる私です。

でも、同時に脳裏をよぎるのが、この概念って我々に決めさせて
ほしいという気持ちです。

残念ながら国民は、まだ、総括はできていないと思います。
その証拠に貴社の司会者は、あわら市長に何度と現状を踏まえ
た上で、今後のコロナ対策について質問されていました。

それに対し、真面目な市長はできる限りで応答されていました。
この場面、一つ、とっても、流れはアフターコロナですが中身は
現在進行形(ある意味、安心している私です)みたいでした。

たしかに、第二波に備え、漫然とはしていられません。
その意味では私たちはアフターコロナに身を置かれています。

でも、現状にブレーキをかける議論。すなわち、新しい概念あり
きのアフターコロナだけは絶対避けてほしいのです。

アフターコロナ以前は、自分の命は自分で守らなければいけな
いことを肌で学びました。
国にも県にも医療界にもコロナ対応に限界があることも学びました。
国民の行動指針である、準備をして憂いをなくす場合でも、基本は
自分で解決することをコロナは学ばせました。

それだけでも、国民は充分すぎるほど新しい概念を作りあげたの
です。同じ、アフターコロナでも今、やることは、この作り上げた概念
を尊重し運用されることをベースにすることです。

そして、慎重に次の段階に進むプロセスです。
コロナの教訓とは、アフターコロナの中から健全な社会を見つけること
に尽きるのだと思います。

感幸市のあわら市。

投稿者:一住民  
投稿日:2020/06/29 18:32

感幸市のあわらと市長の力強いお言葉で何の欠点性
もなく久しぶりに緊張する私でした。

たしかに観光の神髄で、この概念が果たせれば生まれ
変わったあわら市の姿は間違いありません。

でも、余り無理をしてほしくない。

温泉にゆっくりと浸かってもらい、くつろぎ、福井名産の美
味い食事をしてもらい(バイキング駄目)もう一度、来た
いと思わせるような、おもてなしに尽きるのだと思います。
あえて厳しいことを言わせていただきますが、昨今は需要の
低下からか、おもてなしの質が落ちました。
(この指摘に真摯に耳を傾けてください)
おもてなしをしたのではなく、おもてなしを受けたです。

あと、感幸市と百点は求めないでください。
地域の文化、生活に触れられるサービスも付加価値を上げ
ますが、その前に、おもてなしで決まると思います。

昔はおもてなしの名人の女将がいて、常連は、その女将を目
的に何度と足を運んだものです。

濃厚接触アプリは利用価値があるのか。

投稿者:福井の住民  
投稿日:2020/06/23 17:24

厚生省推奨の濃厚接触アプリだが誤入力してもカウント
する不具合は技術的な対処事項だろうが、もっと重要な
のは、感染症状がなくても濃厚接触を確認しPCR 検査
を依頼した場合、福井県は対応してくれるのですか。

個人情報保護も勿論、大事ですがアプリの主旨からは
こちらの方が依り重要です。

もし、感染症状がないと受けられないのなら何を目的
にしたものなのか。
逆に不安が増えるだけのものになります。
折角、優秀なアプリでもちんぷんかんぷんです。

目的と手段を間違わないコロナ、地方創生。

投稿者:福井県民  
投稿日:2020/06/22 14:23

スマートシティからコロナ、地方創生の姿を探る。
これから先を見通した時、集約される思いです。

そしてIT 起業家、IOT関係者がゲストで役者が
揃ったタイムリー福井でした。

オープンデーターと聞きなれない言葉。
ゲストのIT起業家が独自でコロナの状況を、各項
目ごとに数値化したとのこと。

頭に浮かんだのが、その前向きさはどこから生ま
れてきたのか。

以外でしたが、答えは、自分がもっと知りたいから。
でも、それだけで、そこまでするのか。

まとめ上げた気持ちには賛同する私がいます。
見事な決断ですし、努力には人の大きさを感じます。

又、でてきました。
公の連絡事項ではない為に客観性は担保されてい
るのかの疑問。
(司会者が、しつこく問いかけられていた場面に同期)
事実上、公的存在になるはずだし自信があるとかの
前に責任は感じないのか。私の最大疑問点です。

やはり今回の件は目的は国など行政がまとめ、手段
としてIT 家が参加してほしかったです。
(今後もそうしてほしいし粘り強く交渉してほしい)
それは、IT 家の領域を超えているからである。

別にLSIが私たちの生活を決めるわけではありません。
LSIの知能を利用し目的である人々の生活の質を上げ
、ずっと長続きする社会を目指していくのがスマートシ
ティだと思います。

タイトルなし

投稿者:高橋友江  
投稿日:2020/06/20 12:18

10万円の給付は、待てば良いのですよね?

悲しい結末、目新しいものに飛びつくだけではだめ!

投稿者:きよん  
投稿日:2020/06/20 11:18

ITが普及すれば、地方が活性化するなんて、眉唾です。
テレビのように、各家庭に普及し、相互意思疎通が、簡単、簡潔に、対面とそん色ない状態とするためには、5Gの地方波及等ハード面の整備と、ソフト面のホローが必須で、地方独自の人材育成体制の構築を行わなければ、じり貧は明らかです。
地方が、都会に依存している限り、状況は変わらない。
ただ単に、新技術ができたから、使ってみようかでは、行き着く先は、機械ローン地獄です。コンピューターやインターネットが普及すると、生産性が向上、効率化し、無駄が減り、経費削減、労働者の負担軽減、賃金の上昇あるいは、政府や地方公共団体においても、同様の革新がが起こり、小さな行政化による税金の削減等、私たちの生活は、バラ色hであるという話が、まことしやかに囁かれました。
携帯もそうです。
でも、実際、生活が便利になった反面、思っていた生活の豊かさ、
精神面も含めて、を得られたのでしょうか?
時間に追われ、仕事に追われ、お金に追われる生活。
豊かになるどころか、貧困の蔓延。富の一部集中。
便利さのみを求めることで、何かおざなりに。

今般のIT革新がが、便利さのみを追求だけでは、過去の失敗の繰り返しです。
また、リモートになれば、地方に人が戻るなんて単純な.....。

30年余り少子化問題に、お金と時間を費やしましたが、結果は惨憺たるものです。
根本的に、何か間違っているのに、大きな反省、検証をだれも発しない。
江戸時代にも、同様に、大都会江戸に人口が集中した事例があるにも関わらず、
研究もまばら。

東北震災のときも、先人の継承が生かされず、今般のコロナでもそう。
なんなんでしょうね。

どっかから、新しい考えや技術を持ち込むのを否定はしないけど、
確り身
にしないと、数十年方、生煮えばかり。深く考えなくなったの?

このままだと、ほんと悲しい結末。

ITすすめるなら、社会構造、思考変化、AIが人に変わる職業の対応等、将来に渡るビジョン、IT規範や法等を整備すること。闇雲な導入は、危険。

そもそも、今の状態では、ITすすまないよ。

旧北陸線の鉄道遺産認定。

投稿者:福井住民  
投稿日:2020/06/20 09:57

今日の新聞に旧北陸線の鉄道遺産が日本遺産として
文化庁に認定されたと伝えられていました。
取材内容も豊富で当県としての喜びの高さを感じた福井
県民です。
特に地元の喜びはひとしおで、これからの抱負には力強い
ものが感じ取れました。

でも、報道から伝わってこなっかったものがあったのです。
それは、地元の教育委員会が文化庁に申請した内容
です。この部分が伝えられない観光振興策にはスタート
の時点から疑問を感じ得ません。

福井県民が一体となり地元の魅力を発信していくので
すから、せめて、申請した内容くらいは見せては貰えま
せんか。

給付金の振込順はバラバラ?

投稿者:まろん  
投稿日:2020/06/19 07:30

弟が先月19日に郵送し先月28日に振込まれました。両親は先月22日に郵送し今月11日に振込まれました。うちは26日に郵送しまだ振込まれません。他の方の投稿をみると両親より先に郵送された方が16日になっても振込が無いと言う事を拝見して郵送は届いた順番ではないんだなと思いました。順番にしていただからないと不安ですよね。

給付金

投稿者:ST  
投稿日:2020/06/18 09:30

5月25日程に提出しましたが、また入金がありません。問い合わせると現在混み合っているため確認に時間がかかる、と伝えられました。忙しかったり、人数がとても多くて大変そうでした。がんばっていただきたいです。ただ、このコロナの中で仕事があるだけでもありがたいことなのに、与えられた職務くらいはまっとうしてほしいと感じてしまいました。
予告通りの日程に予告通りにお金を振り込む・・・人数が多く大変だとは思いますが、踏ん張って欲しいです。応援はしていますが、不安も感じています。

定額給付金

投稿者:2415  
投稿日:2020/06/17 05:36

5月24日に郵送しましたが、3週間たってもまだ、振り込みありません。
新聞に9割がた支給済みとの記事があったと職場の人から聞き、一気に不安が増して市役所に問い合わせしました。
不備のリストには名前がないことは調べてくれましたが、3週間たっていることへの不安については触れず、18日には8割支給済みになる予定なので、18日に振り込みがなかったら再度問い合わせしてきて欲しいと言われました。その頃には、調べることができると。
支給が開始されたあとの現状についても報道がないと、2週間以上待っている人たちは不安しかありません。

給付金の振込みがまだです。

投稿者:みい  
投稿日:2020/06/16 22:06

先月20日に書類を送付。
先週問い合わせましたが、不備はないようで、もう少しお待ち下さいとの事。
申請からもうすぐ一ヶ月になるんですけど。
本当に振り込んでもらえるんでしょうか。

ピンチをチャンスに福井県の将来像を描こう!

投稿者:福井県民  
投稿日:2020/06/16 15:34

県外在住の息子の例をだし恐縮ですが、4月に入って
から週3日くらいはテレワーク勤務に切り替わりました。
日曜日は休みと思い、ご苦労さんと声をかけたくなり連絡
したところ職場で仕事しているとのこと。
息子の生活スタイルも随分と変わったなあ~との実感でした。

テレワークで仕事をしようとは、そもそも国の考え方です。
IC ,ICT ,IOT と20年後くらいの先を読み国は熱心です。

今回の行動は簡単に元に戻らないと私は受け止めます。
今後の福井県の姿を投影する上でも大事なベースの部分です。

仕事の明確化も今まで職場にいることにより見えていたものが見えなくなることにより、逆にクローズアップされる
ことにより仕事をしている姿はより明確化されるのだと思います。
もう一つ、成果の確認も場所が違う為に駆け引きは難しくなり、能力の差はより見えてくるのだと感じます。
ただ国全体としてはどうなのか。通勤の時間は無くなり生産性は上がりますしlotと組みあわせれば悪い話ではありません.

拠点を置く必要性が低くくなる東京。就職は東京でも住むのは東京都外。
テレワークが完全に実現すれば東京に住む理由はなくなります。

貴社のタイムリー福井でも東京一極集中は生活を成り立たす為の手段であり、だから福井には戻ってこないと言われ続けて来られました。
でも、コロナは東京に住まなくてもよい理由を見つけてくれました。

福井県にも住んでくれる条件を今こそ整理し提示するときです(「付け加えるのでなく」グランドデザインの骨格にしてほしい。

難しく考えると私にはわかりません。県外に出ている人の親は殆ど、当県に居ます。そして先が限界集落の姿です。
県も10年後の人口は60万人台を既成事実のように発表されています。
早くから諦めている感が伝わり、そこには前向きさが感じ取れません。

そこでコロナを引き合いにだします。
親子が一緒に住めたら集落は活気を取り戻します。
一緒に住めなくても近所だったら、じーちゃん、ばーちゃんに預ける家族も出てきます。
その結果、じーちゃん、ばーちゃんは孫の為に消費が増えます。当然、地元の経済にも寄与します。

今回のコロナで福井県は弱いところだけでなく強く対応できる部分も見せました。
ピンチをチャンスに変えようじゃありませんか。
福井県も見る視点により、まだまだチャンスがある県であることが分かったコロナでの教訓です。

学校の対応に疑問

投稿者:敦賀市民  
投稿日:2020/06/16 13:42

小学校給食ですが、学校再開後のメニューが酷いです。
昨日は豚丼と牛乳のみで、足りない子供達がお代わりをしたくても、ジャンケンなどで出来る子と出来ない子が出ています。

配膳の負担の理由から品数を減らすようなお知らせがありましたが、そもそも親の時代より学校給食自体が衛生面などで、生野菜やフルーツが出せなくなったとか、栄養面でも低下した給食だったのに、そこからさらに品数を減らす事は、子供達の成長面で大丈夫なのでしょうか。

学校が終わって家が近い子はすぐに帰宅して軽食をとれるでしょうが、遠い子だとそれからまだ30分はこの気温の中で飲み物のみで歩いて帰っています。

給食が足りたのか、お代わりは出来たのか、子供に話を聞くと、先生も「ごめんなさいね」と言ってお代わり出来ない子達に気を遣っていたような話をしておりました。

教育委員会や市議会の方々は、この給食の様子などを把握してるのでしょうか。そこに問題はないのでしょうか。

いくらコロナの対策とはいえ、配膳面の理由だけで、給食メニューを減らす事は安易に決めていいことでは無いと思います。

現場の先生もきっと心苦しい対応なのではないかと思います。

コロナの感染がよく分かっていなかった2、3ヶ月前とは違い、福井県全体の状況と感染者ゼロだった敦賀市の状況からみても、公立小学校が全国一律で配膳の理由だけで、給食の品数を減らすことが、本当に子供達のためなのでしょうか。

下の子は私立の幼稚園に通い、14時にはお迎えですが、小学生の上の子よりずっと豊富で、栄養バランスの取れたメニューを食べれています。

現代の小学校において、文科省や教育委員会のどこか対策ありきで本当に守るべき子供達への配慮が後回しな考え方と対応に、この先子供達の学びと成長が本当に確保されていくのか、不安な毎日です。

健康に関わることなので、早期に通常給食の開始を求めます。

定額給付金がまだ振込されていません

投稿者:丁番ネジ  
投稿日:2020/06/15 09:38

5月23日に郵送で申し込みしましたが、まだ振り込まれてません。不備等の連絡もまだです。
同じ会社勤務のかたで、同じ福井市民のかたは、すでに振込済。越前市のかたも同様です。
不安しかないです。本当に大丈夫でしょうか?

コロナ終息後の福井県の全体像。

投稿者:福井県民  
投稿日:2020/06/14 18:01

本日の本題はコロナを通じ今後の福井県の姿を描くこと
でした。
その意味では、20年後の福井県の姿を語る熱く語る議
員の姿は、頼もしいものでした。
それだけで十分、価値がある番組でした。

でも、最後まで足らないものがあったのです。
県民の心境変化を議員さんたちは感じとって発言されて
いるのか。
コロナをリセットするのでなく、受け入れた上での長期ビジョ
ンです(既成概念上での長期ビジョンでした)。
繰り返すが目の付け所はよいのです。
でも、現状分析をされず今までの感覚でおっしゃっていまし
た。私は今回のコロナを受け、少なくとも人間の心に大きい
インパクトを与えたと感じています。
そして、その結果が呉越同舟で終息に向かい頑張っていま
す。でも、この姿が果たして終息後も続くのか。
こんな私の推測でもコロナを契機に随分と人の心は変わる
のだと思います。

例えば観光産業だが人が来てくれないことには成り立たない
ことは既に皆が理解している。
でも。その当たり前のことがコロナの前で、いとも簡単に現実
のものになりました。
脆弱性というのか、あまり頼れないな~との認識が私に生まれ
た瞬間です。少なくともコロナで学んだ教訓です。

私は、コロナが例え終息しても変化した秩序は戻らないと考えます。
コロナ対応では秩序を保ち戦っています。
共有、協調、共同という行動をコロナで学びました。
でも同時に我々は自己の世界も見つけてしまった。
自己主張ですが今は隠されている感覚です。
50年先にまでなるとさすがに変わるかもしれません。

県会議員の話を聞いていて、そんなことを考えていた福井
県民です。

高校生の授業格差

投稿者:うずえのおとやん  
投稿日:2020/06/14 08:50

県内高校での登校しての授業が再開されているなか、福井高専は早くて9日1日学校での授業再開と他の高校と比較して約2ヶ月の差があります。各種報道により、この事実を周知してほしい。

杉本県政様

投稿者:伊吹舞神楽  
投稿日:2020/06/14 08:46

2年前から千葉県から仕事で福井県で作業にあたってました。
マスク不足の中の購入券は、大変ありがたかったです。
ありがとうございます。

坂井市のコロナ対策における外注について

投稿者:ポン2  
投稿日:2020/06/13 20:46

今般の、コロナ感染症に伴う教師の負担軽減策について、もの申します。
市の予算ということは、近いうちに、市民税の増税ですか?
教師は、公務員の中でも一番給与が高い。給与の面では、めぐまれている。
<すべてではない、授業単位の働き方の講師など、他にも例外在り、この方々は大変な生活を強いられている。>一般企業ににおいては、企業の利益から工面するものを、自らの懐は痛めず、大変だの一言で予算計上ですか?
一般公務員でも、平均で、中小企業給与平均より200万も高い。。
教師の業務を授業に伴うもののみに限定し、他の業務を新たな職種が担う方向で検討すべきだ。失業たいさくにもなる。なぜ、教師はすべてを自ら抱えようとするのか。
ワークシアリングし、今の予算内で行うべきだ。
今般の、コロナで、国も自治体も多額の借金を強いられている。
この借金が、おいおい私達に追いかぶさってくる。
10万給付にしたってそう。

リモート授業においても、教育現場のみで処理しようとするから、遅々として進まない。私学でできていることができないのはなぜか検討、検証すべきだ。
出来ない理由ばかり、いい加減やめるべきでは。

コロナ感染症第2波への備え

投稿者:H.Y>F  
投稿日:2020/06/13 19:25

病院の経営悪化により、ボーナスが目減りあるいは、なしのうわさ。
県の予算では、全く足りない。
多くの病院が、悲鳴を上げてる。
コロナは、経済でも医療崩壊を招く。
しっかり、検討してほしい。
コロナ患者を受け入れようが受け入れまいが、どちらも厳しい有様。

国会議員を含むすべての議員は襟を正すべきである。

投稿者:ポン  
投稿日:2020/06/13 15:02

国民の多くが、コロナ禍において、困窮あるいは、何らかの不安、ストレス等を感じている昨今、人々の代表たる議員達が、代議士としての役割をしっかりとはたしているのか、甚だ疑わしく思う。一人一人の心に寄り添う心根をを失うことなく、この未曾有の災害とも呼べる状況下において、たとえ、各個の力はわずかであっても、人々の代表たる気概を持ち、言い訳などせず、人々を導く灯火たらんことを願う。宮沢賢治の飴にも負けずのそういうものを目指してほしいと思う。
おこがましくも、自戒をこめていうと、批判などとても容易である。が、しかし、多様な考え、見解、意見等があるからこそ、極端な、盲目的、妄想的、偏狭的なもの
から、逃れられると信ずる。なんて、理屈と膏薬はとこにでもつくで、、
要は、反省してもやめられない。
最後に、杉本知事の批評、批判の前に、自らの批評、批判を。

追伸
5月に福井市に問い合わせしたところ、あまりに、<10万円給付が遅いので>
一日の処理件数が、支給初日で3200人余り、1200世帯余りとのこと。
書類不備等なければ、郵送申請後2週間余りで口座振り込みとの事。

2011年3月以前の掲示板はこちら

投稿フォーム

下のフォームに必要事項を入力し、[投稿]ボタンをクリックして下さい。

  • ・番組に対するご意見・ご感想をお寄せ下さい。
  • ・いただいたメッセージにはすべて目を通しますが、当ページ管理人の審査の結果、すべてのメッセージが掲載されるとはかぎりませんので、その旨ご了承ください。
  • ・メッセージは、事前の連絡なく、このサイトや福井テレビの番組・広告宣伝などで、利用させていただく場合があります。
  • ・誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。
  • 掲示板への記載を希望しない場合は、その旨をご記入ください。
  • マークは必須です。必ず記入ください。
お名前または
Webネーム

メールアドレス
タイトル
投稿内容
URL
(ウェブサイト)

PAGE TOP